ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

メキシコ、中米の難民申請者が来年急増か 15年から毎月9%増加

2016年12月16日

[メキシコ市 15日 ロイター] - メキシコ難民局(COMAR)のシンシア・ペレス氏は15日、ギャング間の抗争や貧困から逃げてメキシコで難民申請する中米諸国の出身者が来年急増する見通しだと、インタニューで明らかにした。

2015年から難民申請者は増え始め、毎月約9%ずつ増加。2015年は3424件だったが、2016年末に約8000件になると予想され、2017年末には2万2501件に達する可能性があるという。

 「あらゆる要素が、難民申請数が上昇し続けることを示唆している」とペレス氏は述べ、暴力や広範な地域にわたる干ばつをその主な原因に挙げた。

2016年には72%の難民申請が受理され、2013年の40%以下から上昇した。受理された人の中では、メキシコ滞在を選択する人が増える傾向にあるが、米国との国境を越えるために難民の身分を使う人も中にはいるという。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧