ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

英国に拠点置く外銀、納税額はわずか

2016年12月17日

[ロンドン 16日 ロイター] - 英国で事業を展開する外国の投資・商業銀行大手の一部は、英国内で上げた巨額の利益に対して平均で6%の税金しか払っていないことが、ロイター通信の調べで分かった。

英国内の企業が20%の税金を支払っていることと比べると3分の1以下の水準だが、金融危機時に積み上がった損失を利用した課税対象額を圧縮することも含め、銀行大手による節税策は全て合法だ。

国際的に事業展開し、欧州の投資銀行業務の中心地であるロンドンに拠点を置く銀行大手7行は、欧州連合(EU)が設定した年末の締め切りを前に、利益と納税に関するデータを公開した。

うち5行は利益を計上しており、その額は合計で75億ドルに及んだ。5行は全て米国の銀行で、支払った法人所得税(法人税)は計4億5200万ドルだった。

バンク・オブ・アメリカ傘下で投資銀行業務を手掛ける英国内の二つの子会社は8億7500万ドルの利益を上げたが、法人所得税を一切払っていない。JPモルガン・チェースが英国で上げた33億ドルの利益に対して支払った税金は1億6000万ドルだった。

ゴールドマン・サックスは28億ドルの利益に対して2億5600万ドル、モルガン・スタンレーの英国における中核的な法人も5億3000万ドルの利益に対して3300万ドルの税金を支払った。

米サンフランシスコが本店のウェルズ・ファーゴ以外はコメントを避けた。3400万ドルの利益に対して270万ドルの税金を支払ったウェルズ・ファーゴは、税法上の義務の全てに従うことを目的としているとした。

英銀行協会(BBA)は、データは銀行部門の税金面の貢献を全てにわたって反映していないと指摘。その他の税や費用として外国銀行は昨年、英国の財務省に約200億ドルを納めていると説明した。

英国歳入関税庁(HMRC)はコメントを拒否した。これまでに全ての企業が法律に定められた税金を納めるようにしていくとの立場を示している。財務省のコメントを得ることはできなかった。

外国銀行大手が支払っている6%の税金は、2014年に英国で利益と税金支払いを申告した投資・商業銀行大手10行の平均である1%と比べると、まだ多い方だ。

英国の銀行も利益と納税額を開示するが、国内のリテール業務との関連が深く、商業・投資銀行の事業に関する実効税率を算出することはできない。

アナリストらは、多くの企業の納税額は規定の税率以下にとどまると指摘。税金と利益の開示を義務付けられているのは銀行だけであり、製造業や建設業、サービス業の企業の税率を計算することはできないしている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧