ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

原油先物約2%高、ゴールドマンの価格見通し引き上げなど追い風

2016年12月17日

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 16日の取引で、原油先物相場が上昇し、1年5カ月ぶり高値に迫った。ゴールドマン・サックスによる2017年の原油価格見通し引き上げや、産油国が減産合意を順守する兆候を示していることが追い風となっている。

北海ブレント先物は2.2%(1.19ドル)高の55.21ドル、米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物は2%(1ドル)高の51.90ドルでそれぞれ清算。

ゴールドマンは、2017年第2・四半期の米原油先物価格見通しを1バレル57.50ドルとし、従来見通しの55ドルから引き上げた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧