ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米海洋調査ドローン、中国海軍が南シナ海で拿捕=当局者

2016年12月17日

[ワシントン 16日 ロイター] - 南シナ海の国際水域で、中国海軍艇が米国の海洋調査用ドローン1基を拿捕(だほ)したことが、米当局者らの話で16日明らかになった。

米国は中国に対して正式に抗議、ドローンの即時返還を求めた。中国側は反応していないという。

当局者らによると、拿捕は15日に起きた。米海軍艇がドローン1基を回収後、中国海軍の艦艇がもう1基のドローンを拿捕した。

ドローンは、米艦艇から500メートル離れた場所にあった。国防総省などによると、米艦艇が中国艦艇に通信で返還を要求したが、中国側は求めに応じなかった。

米当局者によれば、ドローンは水温や透明度などの海洋データを収集する取り組みの一環で運用している。これらの情報が、米軍のソナーデータに役立つとみられている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧