ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

人は得意な仕事の仕方で成果を上げていく
得意な仕方を向上させよ

上田惇生
【第230回】 2011年2月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
1890円(税込)

 「驚くほど多くの人たちが、仕事にはいろいろな仕方があることを知らない。そのため得意でない仕方で仕事をし、当然成果はあがらないという結果に陥っている」(『プロフェッショナルの条件』)

 ドラッカーは、生まれつきか育ちかは別として、「仕事上の個性は、仕事に就く前に形成されている」という。人は、強みを発揮する仕事で成果を上げるように、得意な仕事の仕方で成果を上げる。

 仕事の仕方について、初めに知っておくべきは、自分は“読む人間”か“聞く人間”かである。

 次に知っておくべきは、得意とする学び方である。世界中のあらゆる学校が、学び方には唯一の正しい方法があり、それは誰にとっても同じであるという前提に立っている。間違いである。

 仕事の仕方としては、人と組むほうがよいのか、一人のほうがよいのかを知らなければならない。組んだほうがよいのであれば、どのように組んだときによい仕事ができるのかを知らねばならない。

 大きな組織で働くほうが仕事ができるのか、小さな組織のほうが仕事ができるのかも知らなければならない。

 自分は意思決定者と補佐役のどちらで成果を上げるのか、という問題もある。補佐役として最高でありながら、意思決定の重荷に耐えられない人もいる。これらのことは、かなり若いうちに決まる。

 「今さら自らを変えようとしてはならない。うまくいくわけがない。自らの得意とする仕事の仕方を向上させていかなければならない」(『プロフェッショナルの条件』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧