ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

天津、大気汚染悪化で高速道路が閉鎖 航空便も遅延や欠航に

2016年12月19日

[北京 18日 ロイター] - 中国・天津の当局は18日、大気汚染が悪化し市がスモッグに覆われたことを受け、航空機数十便の飛行を禁止し、高速道路の大半を閉鎖した。中国北東部では過去48時間に、天津を含む40以上の都市で大気汚染警報が発令された。

新華社によると、天津のいくつかの観測所で大気汚染指数(AQI)が400を超えた。米国の環境保護庁(EPA)は、300以上を危険としている。

中国の環境監視当局は16日、北東部で深刻な大気汚染が予想されるとして5日間の警報を発令。工場の操業を停止し、車両の通行や土木工事を制限したほか、住民には屋内にとどまるよう要請した。

新華社によると、天津では18日の午前10時までに、国際線35便が遅延や欠航となり、高速道路は1線を除き全て閉鎖された。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧