ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

豪財政見通し、格付けに影響せず 財政均衡に悲観的=S&P

2016年12月19日

[シドニー 19日 ロイター] - 格付け会社S&Pグローバル・レーティングスは19日、オーストラリア政府が発表した2016/17年度の財政見通しについて、格付けや格付け見通しに現時点で影響はないと表明した。ただ、財政赤字に対する見方は引き続き悲観的だとした。

S&Pは7月、オーストラリアのトリプルA格付けの見通しを「ネガティブ」に変更した。

この日の声明では、豪政府の財政見通しの悪化が格付けをいっそう圧迫すると指摘し、「政府が2021年度までに財政赤字を解消し、財政均衡を達成できるかどうかについて引き続き悲観的だ」とした。

その上で、歳出削減や歳入拡大に向けた新たな措置を実施する意思と能力があるか今後数カ月間注視すると表明した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧