ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

韓国国政介入疑惑の崔被告が出廷、陪審員裁判を望まず

2016年12月19日

[ソウル 19日 ロイター] - 韓国の朴槿恵大統領の友人で、国政介入疑惑で起訴された崔順実被告が、実質的な裁判初日となる19日に出廷した。

崔被告は自身が実質的に支配し、朴大統領の政策を支える財団に寄付するよう大手企業に圧力をかけた罪に問われている。

聯合ニュースによると、崔被告は陪審員裁判を望まない考えを示した。

韓国の刑事裁判は通常、数人の裁判官が判決を下すが、一部の裁判では被告に陪審員裁判の選択肢が与えられる。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧