ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国万科企業、深セン地鉄集団の不動産部門買収を撤回

2016年12月19日

[香港 18日 ロイター] - 中国の不動産大手、万科企業<000002.SZ>は18日、深セン地鉄集団の不動産部門である深セン地鉄前海国際発展の買収計画を撤回すると明らかにした。主要株主の一部から同意が得られなかったためとしている。

万科企業は現在、経営の主導権をめぐって宝能集団と対立している。宝能による敵対的買収を警戒する万科は6月、深セン地鉄集団の不動産部門を69億ドル相当の株式で買収することで合意したと発表。これが実現すれば、深セン地鉄集団は万科の筆頭株主になるはずだった。

万科は今回、深セン地鉄集団の不動産部門買収について株主と協議を重ねてきたが「現時点で買収の細部についてコンセンサスが得られていない」と説明した。買収に反対した株主の具体名は特定しなかった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧