ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

市中国債減額、17年度は141.2兆円 流動性拡充も=政府筋

2016年12月19日

[東京 19日 ロイター] - 政府は、2017年度の国債発行計画で、市中向けの発行額(カレンダーベース)を141.2兆円と、16年度当初比5.8兆円の減額とする方針を固めた。市中発行額を減額するのは4年連続で、当初計画の規模としては10年度の144.3兆円を下回り、リーマン危機以降で最低となる。

減額に伴う流動性を確保するため、流動性供給入札を1.2兆円拡充する。

複数の政府筋が明らかにした。新規国債に復興、財投、借換債を加えた予算ベースの国債発行額は154.0兆円と、16年度当初比8.2兆円の減額となる。17年度は、財投債が今年度当初比4.5兆円減の12.0兆円、借換債が同3.0兆円減の106.1兆円に減額される。減額分の一部は日銀乗換で吸収する。

利付国債のうち減額対象となるのは2年物から20年物までの4銘柄で、5年物以外は年1.2兆円の減額とする。5年物は同2.4兆円減らす。1年割引短期国債も年1.2兆円の減額となる。

リニア中央新幹線の建設前倒しに伴う長期融資に対応するため、今年度の途中から増発した40年物の発行ペースは変えない。当初ベースでの比較では0.6兆円の増額となる。

一方、減額に伴う流動性を確保するため、流動性供給入札の拡充に踏み切る。

先物取引の決済銘柄に使用される残存5年から15.5年ゾーンを6.6兆円、今回減額対象となる20年物を補う15.5年から39年ゾーンを3.0兆円とし、それぞれ0.6兆円増やす。1年から5年ゾーンは1.2兆円に据え置く。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧