ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

働く女性「やってみたい習い事」1位は英語!
“人気のおケイコ”でわかる世相と流行

小川 たまか
【第16回】 2011年2月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 仕事後や休日に通う習い事やお稽古。あなたはいくらくらいの金額なら、気軽に始められるだろうか。

 リクルート(東京都千代田区)が20~34歳の働く女性を対象にしたアンケート「2010年度 人気おケイコランキング」によると、気軽に習い事を始められる金額は「趣味目的」ならば4548円(1カ月)、「仕事に関する講座や資格取得」であれば2万77円(同)だった。また、人気の習い事を追うと、世相がありありと見えてくるようだ。

 アンケートは2010年12月2~3日、インターネットで実施。対象は全国の20~34歳の有職女性519人。

気軽に始められる金額
「趣味目的」は減額、「仕事のため」は微増

 「趣味目的」の習い事を「気軽に始められる金額」は2008年には5287円だったが、2009年には4756円、2010年は4548円と下がり続けている。一方、「仕事に関する講座や資格取得」は2008年に2万2747円。2009年には1万8868円と大きく下がったが、2010年は少し盛り返し2万77円に。「趣味目的」が下がり続ける一方で、仕事関連の習い事に関する金額が上下しているのは、雇用不安と関係ないとは言えないだろう。

 「習い事の目的」を聞く質問では(複数回答3つまで)、多かった意見は「プライベートを充実させるため」(34.9%)「ストレス発散・気分転換のため」(33.5%)だが、「現在の仕事のため」(16.4%)、「就職・転職のため」(16.0%)はどちらも2008年から上昇傾向にある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧