ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トヨタ公式 ダンドリの教科書 
【第5回】 2016年12月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
トヨタ自動車株式会社 業務品質改善部,佐々木眞一

仕事を始める前に
最初に考えないといけないこと

1
nextpage

年の瀬、新年の目標を考える時期になりました。仕事の目的・目標を明確にした上で仕事を進めることは、仕事のやり直しを防ぐために一番重要なことです。トヨタ自動車でホワイトカラーの業務の質の向上を推進するメンバーが、トヨタグループ内外の仕事の進め方の参考としていただければと編集した書籍『トヨタ公式 ダンドリの教科書』から、注目のノウハウを紹介します。今回は、仕事の目的・目標を明確にすることの重要性についてご紹介します。

意外に知らない
目的と目標の違い

 トヨタの仕事術は、その第一歩は、仕事の目的・目標をはっきりさせることです。

 質の高い仕事をするためには、「自分のお客さまは誰か」「何のためか(例えばお客さまにどうなってほしいか)」をはっきりさせる必要があります。これこそが仕事の目的です。そして、その目的に対し、具体的な目標、「いつまでに」「どのレベルまで」を明確にします。これが目標です。

 目的は仕事の狙いや目指す方向を示すもので、目標は仕事の目的の目指す地点を示すものです。目的は中長期的で目標よりも抽象的になります。一方、目標は短期的で目的よりも具体的になります。

 「何のためか」や「どのように活用するのか」を把握して仕事をすることで、柔軟に仕事に対応できます。

 環境の変化などを踏まえ、不要になった仕事をタイムリーに改廃することもできます。前任者から引き継いだ仕事を、「何のためか」理解せずに進めていたが、後工程に必要性を聞いてみると、活用していないことがわかり、不要な仕事が見つけられることもあります。

自分で仕事の目的や目標を
定めていくには?

 例えば、上司が部下に、こんなお願いをしたとしましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    トヨタ自動車株式会社 業務品質改善部

    業務品質改善部は、グローバルトヨタの一人ひとりが、お客様第一・品質第一の立場に立ち、自らが仕事を改善できる、そのためのしくみづくり・人づくりによってもっといいクルマ、もっといいサービスに貢献することを役割としている。

    佐々木眞一 [トヨタ自動車株式会社 顧問・技監]

    1970年3月 北海道大学工学部機械工学科 卒業
    1970年4月 トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社
    1990年4月 トヨタ モーター マニュファクチャリング UK 株式会社 品質管理部長
    1995年1月 トヨタ自動車株式会社 堤工場 品質管理部部長
    2001年6月 取締役就任
    2003年6月 常務役員就任
    2004年6月 トヨタモーターエンジニアリング・マニュファクチャリングヨーロッパ株式会社 取締役社長
    2005年6月 専務取締役就任
    2005年10月 トヨタモーターヨーロッパ株式会社 取締役社長
    2009年6月 取締役副社長就任
    2013年6月 相談役・技監就任
    2015年11月 著書『現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結』上梓
    2016年7月 顧問・技監就任


    トヨタ公式 ダンドリの教科書 

    これがダンドリ重視の「トヨタの仕事術」。仕事の流れの8つのポイントに沿って、使える具体的なノウハウを合計48紹介。使えるノウハウを使うだけで、仕事をミスなく、スムーズに進められるようにカイゼンできる。

    「トヨタ公式 ダンドリの教科書 」

    ⇒バックナンバー一覧