経営×物流

クルマのICT革命、「自動運転戦略本部」の初会合

国交省が3つのWG設置、トラック隊列走行の実証実験を18年度に開始

 国土交通省は9日、「国土交通省自動運転戦略本部」の初会合を開催した。同本部は、11月25日に開催した国交省生産性革命本部において、新たに「クルマのICT革命」を追加プロジェクトに選定したことで、同プロジェクトを推進するために、石井啓一国交大臣を本部長として省内に設置された。今後は省を挙げて自動運転の実現に向け、取り組みを推進していく。

自動運転推進は「クルマのICT革命」プロジェクトの一環

石井啓一・国交大臣

 初会合の冒頭、挨拶に立った石井国交大臣は「自動車の自動運転は、交通事故の削減、地域公共交通の活性化、渋滞の緩和、国際競争力の強化等の諸課題の解決に大きな効果が期待されている。9月に長野・軽井沢で開催されたG7交通大臣会合では、自動運転に関して国際的に協調して取り組んでいくことの合意を得たとともに、各国とも官民一体となって自動運転技術の開発普及に注力していることを実感した」と述べ、「こうした状況を踏まえ、11月に開催した国交省生産性革命本部では『クルマのICT革命』を追加プロジェクトに選定した。これを推進するため、このたび自動運転戦略本部を設置した」と語った。

 さらに、「国交省としては、自動運転分野でわが国が世界をリードしていくために、国際的な情勢や技術開発の動向、社会的なニーズを的確に把握しつつ、省を挙げて、国際基準等のルール作り、自動運転技術の開発や普及促進、社会実験・実装等の取り組みを加速すべきだと考えている」とし、「特に超高齢化が進む中山間地域においては高齢者等の生活の足や物流を確保するために、道の駅を拠点として、自動運転サービスを速やかに社会実装していく必要がある」とし、今後同本部において、検討すべき課題や取り組みの方向性を議論していくと述べた。

 次いで、同本部のもとにワーキンググループ(WG)として、「自動運転環境整備WG」「自動運転技術開発・普及促進WG」「実証実験・社会実装WG」の3WGが設置され、実務的な見地から効率的な検討を行うこととなった。

 今後、同戦略本部では、各WGが自動運転の実現に向けた環境整備、自動運転技術の開発・普及促進、自動運転の実現に向けた実証実験・社会実装等の検討を行った上で、2017年3月に開催する第2回において検討項目の議論することとしており、17年度概算要求前には第3回を開催し、中間とりまとめを行う予定。

  • 1
  • 2

経営×物流トップへ

カーゴニュース

Special Columns         <PR>

 

 

 

 

 

『カーゴニュース』

1969年10月の創刊から約40年間「経済の中の物流」という視点から一貫した報道を行っている物流業界専門紙。物流報道の中に“荷主”という切り口を持った媒体として評価されている。主な内容は荷主企業の物流動向、行政の物流関連動向、トラック、倉庫、鉄道、海運、航空など物流企業の最新動向、物流機器、WMSソフトなどの関連ニュース等。週2回発行。


from.カーゴニュース

1969年10月の創刊から約40年間「経済の中の物流」という視点から一貫した報道を行っている老舗・物流業界専門紙『カーゴニュース』とのコラボレーション連載。

「from.カーゴニュース」

⇒バックナンバー一覧