ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

フェイスブックに欧州委が警告、ワッツアップ買収めぐり

2016年12月20日

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 欧州委員会は20日、米フェイスブック<FB.O>が対話アプリ大手ワッツアップを買収した際に誤解を招く情報を提供したとして、フェイスブックに異議告知書を送付した。

フェイスブックは売上高の1%に相当する罰金を科せられる可能性がある。

欧州委は2014年にフェイスブックのワッツアップ買収を認可したが、買収認可への影響はないという。

欧州委のベステアー委員(競争政策担当)は先に、米アップル<AAPL.O>への追徴課税を命令。米グーグル<GOOGL.O>についても、競争法違反の疑いで調査を行っている。

欧州委が問題視しているのは、ワッツアップが今年8月にプライバシーポリシーを変更し、一部ユーザーの電話番号をフェイスブックと共有すると表明した問題。

欧州委によると、フェイスブックは買収審査の段階で、両社のユーザーIDを信頼性のある形でマッチングすることはできないと説明していたが、実際には「すでに2014年の段階で自動的にマッチングできる技術的な可能性が存在」していたという。

欧州委は「フェイスブックが買収審査の段階で不正確もしくは誤解を招く情報を提供したとの予備的な見解に達した」と表明した。

フェイスブックは来年1月31日までに異議告知書に回答する必要がある。

同社の広報担当は「欧州委の手続きを尊重する。本格的な調査の結果、当社が誠実に行動したことが裏付けられると確信している」とコメントした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧