ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トラック突入の容疑者釈放、証拠不十分で=ドイツ検察

2016年12月21日

[ベルリン 20日 ロイター] - 独連邦検察当局は、19日夜にベルリンのクリスマス市場で発生したトラック突入事件の容疑者として逮捕したパキスタン出身の男性を釈放したと明らかにした。

事件当時に実際、トラックを運転していたとの容疑を裏付ける十分な証拠が得られなかったと説明した。

12人が犠牲となったベルリンのクリスマス市場は20日も閉鎖されたままとなっている。

またベルリンでの事件を受けて、ドイツだけでなく欧州全体で警備を強化する動きが広がった。イタリアではクリスマス関連行事の警備を強化したほか、フランス当局は24時間体制で警戒に当たるとして国民の不安払しょくに努めている。7月に花火見物客にトラックが突っ込み86人が死亡した南仏ニースのクリスマス村は人影もまばらという。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧