ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ユーロが一時14年ぶり安値、円は反落=NY市場

2016年12月21日

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで下落。欧州時間には一時約14年ぶりの安値に沈んだ。

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が19日、雇用情勢の明るさに言及したため来年の利上げペースが加速するとの観測が強まり、ドル買いが広がったことが影響した。

円は日銀金融政策決定会合を受け、ドルに対して反落した。

終盤のユーロ/ドル<EUR=>は0.1%安の1.0385ドルで、ロイターのデータによると欧州時間には2003年1月以来の安値となる1.0350ドルを付けた。

イエレン議長の発言をきっかけに米国債利回りが上がると、ドルは主要通貨に対して上昇した。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのG10通貨ストラテジスト、イアン・ゴードン氏によると「(ドル高は)米国債利回り主導だった。ただ取引は極めて薄い」という。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は一時2002年12月以来の高値になった。

ドル/円<JPY>は直近が0.6%高の117.72円。前日はロシアの駐トルコ大使殺害やドイツ・ベルリンのトラック突入事件を背景に安全通貨の円を買う動きが優勢だった。しかし日銀が20日までの決定会合で長期金利の操作目標など現行政策の維持を決めると、何らかの緩和縮小を予想していた一部市場参加者が円売りに動いた。

市場関係者らは、ユーロの下げ圧力は今後一層強まるとみられている。来年の欧州は主要国で国政選挙が続く上に、経済成長は緩やかにとどまる見通しとなっているからだ。

ユーロや円に逆風が吹く中で、ドル買い需要はこの先も続く公算が大きい。BTIGのチーフ・テクニカル・ストラテジスト、ケイティ・ストックトン氏は「ドルは依然として支えられている。短期的には息切れの兆しが出ているものの、上昇の流れは健在だ」と指摘した。

ドル/円 NY午後4時 117.81/117.84

始値 117.87

高値 118.20

安値 117.66

ユーロ/ドル NY午後4時 1.0389/1.0390

始値 1.0378

高値 1.0407

安値 1.0353

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧