ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

OPECはアジア供給減に及び腰、シェア維持の思惑

ロイター
2016年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
12月19日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国は輸出の3分の2を占めるアジアについて、市場シェアを維持したいとの思惑から供給削減に及び腰となっている。写真はOPECのロゴが描かれた旗。ウィーンで10日撮影(2016年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[シンガポール 19日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟国は輸出の3分の2を占めるアジアについて、市場シェアを維持したいとの思惑から供給削減に及び腰となっている。このため原油は在庫のだぶつきが長期化し、価格も上がりにくい状態が続きそうだ。

 OPECの盟主サウジアラビアは、製油所向け供給削減で標的をアジアではなく米国と欧州に定める見通し。クウェートもサウジと同じ戦略を採り、OPEC第2の産油国イラクに至ってはアジア向けの輸出を増やす。

 モルガン・スタンレーは19日の顧客向けノートで「欧米の製油所はサウジ、クウェート、アラブ首長国連邦(UAE)の各国から1月分の割り当て削減の通知を受け取った」と指摘した。

 一方、日本、中国、韓国の製油所はロイターに対して、ほとんどの中東産油国から割り当て削減の通知は受け取っていないと明かした。唯一の例外はアブダビだが、これも契約限度内の小幅な削減だという。

 産油国は1月から減産を実行に移すと、米国の石油会社が割り込んでシェアを奪うのではないかと危惧している。

 しかしアジアは莫大な原油在庫を抱えるだけに、減産計画からの除外は原油在庫圧縮というOPECの戦略にとって痛手となりそうだ。

 アグリトレード・エナジーのトレーディングヘッド、エン・ヒァン氏は「アジアで原油供給が細るのには時間が掛かりそうだ。私は来年の下半期頃と見込んでいる。今は供給過剰の状態だ」と話す。

 エナジー・アスペクツのアナリストのビレンドラ・ショーハン氏によると、OPECは米国向けの供給を減らすことで、米産油業者がアジアへ輸出する代わりに国内需要を穴埋めするのを期待しているという。

 アジアは原油供給が続く公算が大きいとみられるにもかかわらず、原油や精製品の在庫が高水準に達している。

 トムソン・ロイター・アイコンのデータによると、シンガポールとマレーシア南部ジョホール州の沖合に停泊している大型タンカー約20隻が抱える原油在庫は計2600万─3000万バレルに上る。

 アジアは陸上の在庫も豊富だ。中国の税務当局や統計局の月次データによると、中国の原油在庫は3月から10月にかけて平均で日量74万バレルと、過去2年間を上回るペースで増加した。

 中国の10月の原油商業在庫は2億3980万バレルに達していた。韓国は3530万バレル。日本は最新の数字が9120万バレル。

 仲介会社フィリップス・フューチャーズのジョナサン・チャン氏は、世界的に原油の過剰在庫は10億バレルを超えたままだと試算。「原油価格の一段の上昇を確実にするには、まずこうした在庫を一掃しなければならない」とした。

(Henning Gloystein記者)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧