ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国北部で5日連続のスモッグ、授業続行に市民から不満も

2016年12月21日

[上海 21日 ロイター] - 中国北部で深刻化する大気汚染によるスモッグは、5日目となる21日も続いている。市民らの間には、当局が発令した緊急措置が適切に実施されていないという不満が高まっている。

河北省省都の石家荘では、大気汚染が最も深刻なレベルとなることを示す「赤色警報」が出ているものの学校は休校にならず、住民から不満の声が上がっている。

石家荘のある市民は、ミニブログ「微博(ウェイボー)」に「このスモッグはどれぐらい続くのか分からない。なぜ学校は休校にならないのか」などと投稿した。

同省唐山の鉄鋼地区の大気汚染指数(AQI)は21日現在で578に上っている。赤色警報は、1日の予想平均値が終日500を上回るとみられる場合、2日続けて300を超えるとみられる場合、および4日間200を上回るとみられる場合に発令される。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧