ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル117円半ばでもみ合い、商い薄く方向感欠く

2016年12月21日

[東京 21日 ロイター] - 午後3時のドルは、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の117.65/67円だった。午後は株価をにらんで117円半ばを軸にしたもみ合いが続いた。クリスマス休暇シーズンで参加者が乏しく、方向感は出なかった。

株価が後場にマイナス圏に沈んで下げ幅を広げた場面では上値が重くなり、一時117.42円に下押しされた。ただ、「短期的な調整の範囲にすぎない」(国内金融機関)といい、方向感が出る様子はなさそうだという。大引けにかけて株価が下げを縮めると、ドル/円もやや持ち直した。

明日は米国で耐久財受注やPCEコア・デフレーター、7─9月期実質GDP確報値などの指標の発表が予定されており、市場では「米金利の反応次第でドル/円も多少、動意があるかもしれない」(別の国内金融機関)と期待する声が聞かれた。

目先は上値追いの材料が見当たらないものの、前日の会見での黒田東彦・日銀総裁の発言を受けて「今のドル/円は売りにくい」(国内金融機関)との声もあった。

黒田日銀総裁は前日、米大統領選後に上昇してきたドル/円について「為替の水準に驚きはない」とし、現段階で円安が行き過ぎて問題になるとの見通しは持っていないと述べた。ゼロ%程度としている長期金利目標の引き上げを議論するのは時期尚早とも指摘した。一連の発言について、市場では円安容認との受け止めが広がっている。

一方、海外では、駐トルコのロシア大使が射殺された事件やドイツのトラック突入事件といった重大事件が相次いでいる。「今のところ市場への直接的な影響はみられないが、リスクオフのセンチメントにつながる可能性もある」(FX会社)との指摘が聞かれた。

午前のドル/円は、仲値公示にかけて強含み、仲値通過直後には午前の高値118.06円を付けた。しかし、クリスマス休暇で、ドルを買い向かう海外勢の参加が乏しい中、ドルは正午にかけてじり安となった。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 117.65/67 1.0402/06 122.39/43

午前9時現在 117.82/84 1.0389/93 122.41/45

NY午後5時 117.86/88 1.0385/89 122.42/46

(為替マーケットチーム)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧