ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
街歩きがもっと面白くなる!東京23区の商店街―データでわかるパワーと魅力

目黒区の商店街――「ミニ自由が丘」化が進むママ友の街が、いまいち物足りない理由

池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長],小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員],東京23区研究所,フィルモア・アドバイザリー
【第12回】 2011年2月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 目黒区にはおよそ70の商店街がある。そう聞いても、自由が丘のイメージで頭の中は一杯になってしまう。なるほど、自由が丘の情報発信力は強烈だ。おしゃれという月並みな言葉だけでは言い表せない洗練された個性。同時にそれは、ちょっと気取った澄まし屋のイメージでもある。

 目黒区の商店街は、大なり小なり「ミニ自由が丘」化しているのだろうか。それとも、自由が丘とは一味違う、もう1つの目黒らしさがあるのだろうか。

目黒区は有数の消費流出区?
飲食料品店の数は23区で最低

 所得水準が港、千代田、渋谷の各区に次いで4番目に高い目黒区。後背マーケットの蓄積は厚い。だが、渋谷に近すぎる。目黒区は、23区の中でも有数の消費流出区である。

 だから、商業の集積は大きくない。小売店舗数は21位で、専門店数も食料品専門店数も21位、大型店数も21位、販売額も18~20位と、下位に甘んじている。

 では、買回品店と最寄品店はどちらが多いのだろうか。それぞれの代表として、衣料品店(靴やかばんなどの身の回り品を含む)と、飲食料品店の数を比べてみよう。

 衣料品店の数は11位。自由が丘を擁するファッショナブルタウンの面目を保つ数値だ。一方、飲食料品店は23位、八百屋、肉屋は15位とやや健闘しているものの、魚屋は21位、酒屋と菓子屋は22位、惣菜屋は23位。住生活の分野でも、金物屋22位、文房具屋22位、薬屋23位。商店街業種はおしなべて分が悪い。

 東横線の各駅前に東急ストアがある目黒区は、中堅食品スーパーの力が強い。食品スーパーの1店当たりの販売額は4位。このため、1K㎡当たりの食品スーパーの数は12位ながら、1K㎡当たりの販売額は3位の高さである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長]

一般社団法人東京23区研究所所長。東京大学都市工学科大学院修士修了。(財)東京都政調査会で東京の都市計画に携わった後、㈱マイカル総合研究所主席研究員として商業主導型まちづくりの企画・事業化に従事。その後、まちづくりコンサルタント会社の主宰を経て現職。

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員]

一般社団法人東京23区研究所上席研究員。1978年より財団法人・東京都政調査会研究員、都市問題・自治体政策の研究に従事。87年より中央大学社会科学研究所・客員研究員、多摩地区の地域開発研究に従事。その後、フリーを経て現職。

フィルモア・アドバイザリー

2006年11月、海外機関投資家向けの独立系リサーチ会社として設立。現在は数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」、グラフ投稿サイト「Figit」の運営を行うほか、メディア向けにグラフを用いた特集記事等を配信。
フィルモア・アドバイザリー


街歩きがもっと面白くなる!東京23区の商店街―データでわかるパワーと魅力

世は空前の「街歩き」ブーム。老若男女を問わず街歩きの人気スポットとなっているのが、古きよき時代の風情が漂う商店街だ。世界一の都市圏である東京と、その中心となる23区。それぞれの区の「区民性」も異なれば、そこに根付く商店街にも、それぞれ別の「顔」がある。そんな商店街のなかには、廃れるどころか新しい時代のニーズを採り込み続け、絶えず進化し続けているものも少なくない。本特集では、その区に住む人、その区を訪れる人を惹きつけて止まない商店街にスポットを当てて、そのパワーと魅力について、区や商店街に関連したデータと共に紹介する。東京の街歩きを楽し見たい人は、必見!

「街歩きがもっと面白くなる!東京23区の商店街―データでわかるパワーと魅力」

⇒バックナンバー一覧