ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

スウェーデン中銀が金利据え置き、QE延長 理事会の判断割れる

2016年12月21日

[ストックホルム 21日 ロイター] - スウェーデン中銀は21日、政策金利をマイナス0.50%に据え置くとともに、量的緩和(QE)を延長し、総額を拡大すると発表した。QE買入規模は16年下期に比べ減額した。

中銀はまた、2018年初めまで利上げは実施しない見込みだとした。

政策金利の据え置きと量的緩和の延長はいずれもおおむね市場の予想通り。

債券買い入れの規模は300億スウェーデンクローナ(約32億2000万ドル)拡大し、2750億クローナにした。買い入れは来年の上半期中続ける。16年下期の追加拡大規模450億クローナからは減額した。

中銀は声明で、経済活動の活発化によりインフレ率の上昇が続く条件が整うとする一方、「インフレ上昇を妨げるリスクが存在する」と指摘。このため、金融政策は引き続き拡張的である必要があるとした。

政策決定会合では量的緩和拡大の是非をめぐり理事6人の判断が割れたため、イングベス総裁が総裁としての権限を行使して緩和拡大を決めた。イングベス総裁が政策決定会合で総裁権限の行使に追い込まれたのは2008年以降で初めて。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧