ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

薬価改革、着実に具体化してほしい=諮問会議で安倍首相

2016年12月21日

[東京 21日 ロイター] - 安倍晋三首相は21日の経済財政諮問会議で、2年に1回変えてきた薬の公定価格を毎年の改定に改める薬価制度改革について「薬価制度を改革し、イノベーションを推進し、医療の質を向上させるよう、基本方針に基づき諮問会議などで議論を深めていただきたい」と指示した。

塩崎恭久厚労相に対して「改革を着実に具体化してほしい」との要望を伝えた。

政府は20日、諮問会議民間議員の提案を受けて薬価制度の抜本改革に向けた基本方針を決定。全ての薬の中で、大手流通業者が扱う一部の薬を抽出し、価格変動が大きい薬の価格を見直すなど、薬価を毎年改定する方針とした。当初予想を上回る販売額となった薬は年に4回見直す。民間議員の当初案では全品目を毎年改定の対象としていた。

(竹本能文)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧