ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

訂正:三井住友トラスト、韓国の金融グループとリテール業務で覚書

2016年12月22日

[東京 22日 ロイター] - 三井住友トラスト・ホールディングス<8309.T>は21日(訂正)、韓国の大手金融グループ、ハナ・フィナンシャルグループ(FG)と、リテール向け運用商品販売の協業を進めることで合意し、覚書を締結した。三井住友トラストが、海外の金融機関とリテール業務で提携するのは初めてで、今後、アジア各国に広げていきたい考えだ。同社が明らかにした。

ハナFG傘下の証券会社が投信などの運用商品を個人向けに販売する際、傘下の三井住友信託が支援する。韓国でも、証券会社による販売手数料稼ぎの回転売買が横行しているが、最近は資産運用のための預かり資産残高の積み上げが課題となっており、こうしたノウハウを三井住友信託が提供する。将来的には三井住友信託が運用商品を提供することも検討する。

三井住友信託は、国内で地銀などを対象にリテール業務で販売支援や商品提供などで協業を進めている。こうした協業モデルを海外にも広げていく考えで、ハナとの提携が第1弾となる。

*覚書の締結を「21日」に訂正します。

(布施太郎※)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧