ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル反落、クリスマス休暇控え利益確定で売られる=NY市場

2016年12月22日

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルがユーロや円に対し反落した。主要6通貨に対するドル指数は前日に14年ぶりの高値水準まで上昇。この日はクリスマス休暇や、22日に7─9月期の経済成長率(GDP)確報値をはじめとした一連の米経済指標乃発表を控え、利益確定のドル売りが優勢になった。

パイオニア・インベストメンツの為替ストラテジー担当ディレクター、Paresh Upadhyaya氏は「何か大きな理由があってのドル売りではない。休日を前にしたテクニカルな側面が大きい」と指摘した。

ドル指数<.DXY>は、0.27%安の103.01。20日には2002年12月以来の高水準となる103.65まで上昇していた。ただ、連邦準備理事会(FRB)が先週、今後利上げペースが想定よりも速くなる可能性もあると示唆したことから、下げ幅は限られた。

ユーロ/ドル<EUR=>は反発し、終盤は0.4%高の1.0423ドル。前日につけた2003年1月以来の安値となる1.0352ドルから持ち直した。

ドル/円<JPY=>は終盤、0.3%安の117.52で取引された。

ドルは、11月8日の米大統領選以降、トランプ次期米大統領が大幅な減税や財政支出といった景気刺激策を打ち出すことへの期待から買われている。アナリストは、もしトランプ氏の政策が期待外れに終わるようなら、ドルは不安定な値動きになる恐れがあると警告している。

スウェーデンの通貨スウェーデンクローナは対ドル<SEK=>、対ユーロ<EURSEK=>で大きく上昇。スウェーデン中銀はこの日、政策金利をマイナス0.50%に据え置くことを決定し、量的緩和(QE)の拡大も決めたが、中銀内で賛否は割れた。

ドル/円 NY午後4時 117.52/117.55

始値 117.42

高値 117.86

安値 117.11

ユーロ/ドル NY午後4時 1.0429/1.0433

始値 1.0405

高値 1.0451

安値 1.0407

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧