ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

正午のドルは117円半ば、連休前に様子見ムードが支配的

2016年12月22日

[東京 22日 ロイター] - 正午のドルは、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の117.55/57円だった。三連休を前に様子見ムードが支配的。朝方からの値幅は30銭程度と極めて狭いレンジで取引された。

朝方117.50─60円台で推移していたドルは、日経平均の下げ幅拡大に連れ安となり、117.40円まで下落した。その後、市場が薄い中、仲値に向けて輸入企業のドル買い/円売りが優勢となり117.71円まで上昇したが、正午にかけては再び朝方の水準でもみ合う展開となった。

テクニカル的には、10日移動平均線(116.90円付近)、日足一目均衡表の転換線(116.70円付近)などが下値のサポートとなりそうだ。一方、上値は118円半ばがレジスタンスとして意識されるという。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧