ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国、CO2観測衛星打ち上げ=新華社

2016年12月22日

[上海 22日 ロイター] - 中国は22日、温室効果ガス観測衛星「TanSat」を内モンゴル自治区の酒泉衛星発射センターからロケット「長征2号D」で打ち上げた。新華社が同日、伝えた。

重さ620キロの観測衛星は、高度約700キロの太陽同期軌道に投入される。大気中の二酸化炭素の濃度や分布、流れを3年にわたって観測する予定。

中国は、米国と日本に続き、独自の衛星でCO2を観測する3番目の国。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧