ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
客が来ないと嘆くヒマがあったら、今すぐメルマガを始めなさい

質の高い携帯メルマガ読者はこうやって獲得せよ!
大繁盛店が明かす「本当は教えたくない集客法」
~「数より質」「勝負は読者1000人超から」の現実

サニー久永
【第3回】 2011年2月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

すぐに登録解除できる携帯メルマガは、
まず「読者1000人」を目標にしよう

 この連載も3回目。前回は書くテーマや読者に好まれる配信のポイントを細かくレクチャーしました。

 そして、メルマガの登録、配信の準備が整ったら、次は「読者獲得」です。

 ツイッターのフォロワー数にせよ、パソコンのメルマガの読者数にせよ、ソーシャルメディアでは、「つながっている数が多ければ多いほどいい」という風潮があります。確かに、反応を見るためには、ある程度母数が大きい方が有利であることに間違いありません。

 しかし、「携帯メルマガ」に関して言えば、それとは少し違うと思っています。

 ご存知とは思いますが、「携帯メルマガ」というのは、読者が少しでも「受け取りたくない」と思えば、簡単に解除されてしまうもの。つまり、パソコンメルマガのような「受け取っていても読まれないメルマガ」ではなく、「最初から受け取らない」、もしくは「受け取って開封する」かどうかなので、残っている読者は開封率も高く質のいい読者ばかり、ということになります。

 ですから、まず目標にしたいのは1000人です。1000人いれば、かなり効果が見込めます。

 「1000人なんて!」と驚かれる方も大勢いらっしゃることでしょう。しかし、すでに起業している人や顧客がある程度いる会社であれば、まずは400~500人のアドレスくらいは集められるのではありませんか?

 そして、その1000人を定期的な携帯メルマガの読者にすることが、顧客獲得への道を切り開きます。

 それでは、どうやって1000人の読者を集めればいいのか。これには、やはり今いる顧客を洗い出し、継続して情報を送っていくことが大切です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


客が来ないと嘆くヒマがあったら、今すぐメルマガを始めなさい

「お客が来ない」と嘆く経営者が増えている。あなたの会社はなぜ注目されないのか? それは、単なる不況のせいではなく、宣伝のやり方が間違っている可能性がある。この連載では、大企業も密かに注目する「携帯メルマガ」を集客に活用するノウハウをお伝えしよう。多機能なスマートフォンが急速に普及しているこの時代、携帯メルマガが消費者に与えるインパクトは、チラシとは比べ物にならないほど大きい。とりわけ、消費のボリュームゾーンを占める女性客をいかに取り込むかが、重要となる。携帯メルマガで自らの事業を軌道に載せた著者が語る、「知識ゼロから90日で売り上げを3倍に伸ばす秘訣」とは?

「客が来ないと嘆くヒマがあったら、今すぐメルマガを始めなさい」

⇒バックナンバー一覧