ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

NY市場サマリー(22日)

2016年12月23日

[22日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨バスケットに対して小動き。足元のドル高を背景とする利食い売り一巡後に、買い戻しが入る展開となった。

朝方発表された一連の指標は総じて前向きな内容となったが、クリスマス休暇を控え、ドルを一段と押し上げる機運は薄い。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は小幅上昇の103.08。20日につけた2002年12月以来の高値となる103.65を依然として下回っている。

ドル指数は11月8日の米大統領選以降に5%上昇。トランプ次期政権の経済政策の詳細が明らかになるまで、ドルは目先、売られやすい地合いが続くとみられている。

ただ長期的にはドルに対して強気な見方が大勢だ。ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツのシニア為替トレーダー、スティーブン・ケイシー氏は「トレンドは絶対的にドル高だ。売られれば押し目買いの好機」と話す。

NY外為市場:[USD/J]

<債券> 国債利回りが上昇した。米経済の成長回復が確認されたことに加え、来週の880億ドルの国債入札に備える動きが出ていることが背景。

商務省が朝方発表した第3・四半期の実質国内総生産(GDP)の確報値(季節調整済み)は年率換算で前期比3.5%増と、改定値(3.2%増)から上方改定された。消費支出の拡大のほか、大豆輸出の急増で輸出が押し上げられた。

ただ、11月の個人消費支出は前月比0.2%増と、市場予想の0.3%増を下回り、前月の0.4%増からも鈍化。第4・四半期に入って経済成長が鈍化した可能性があることが示唆されたことで、国債価格の下落幅はやや縮小した。

終盤の取引で10年債<US10YT=RR>利回りは2.55%で推移。一時は2.58%まで上げた。前日終盤は2.54%で推移していた。

米金融・債券市場:[US/BJ]

<株式> 続落して取引を終えた。トランプ次期大統領の景気刺激策への期待から上昇基調だったが、投資家の売りが入り、小売り関連の銘柄が下落。ダウ工業株30種平均は今週、初の2万ドル直前まで買いが進んだが、大台からは遠ざかった。 米CNNテレビがトランプ政権の移行チームが輸入品に最大10%の関税を検討していると伝えると、SP500種株価指数の一般消費財部門<.SPLRCD>は1日の下落率では10月以来となる1.01%も落ち込んだ。 住宅用品販売大手ホーム・デポ<HD.N>は1.02%、小売り大手ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>は2.32%のそれぞれ大幅安となり、ダウ平均の重しとなった。 食品加工大手のコナグラ・フーズ<CAG.N>は四半期の利益が予想以上だったことで3.39%上昇。逆にソフトウェア大手のレッド・ハット<RHT.N>は収益が予想以下で13.89%も下げた。

米国株式市場:[.NJP]

<金先物> 商いが細る中、ドルの対ユーロ相場につれてもみ合った後、売りが優勢となり、3営業 日連続で下落した。この日は米経済指標の発表が相次いだが、結果はまちまちだった。強弱入り混じる指標を受けて、ドル・ユーロ相場は朝方から午前中ごろにかけて売り買いが交錯。ドル建てで取引される金もこの動きにつれて上下に振れた。その後は昼ごろにかけてドル買いが再び優勢となったことから、金塊は割高感に圧迫され、マイナス圏に沈んだ。

NY貴金属:[GOL/XJ]

<米原油先物> 薄商いとなる中、一部の米経済指標が堅調だったことなどを背景に買われ、反発した。 米商務省が発表した7─9月期の実質国内総生産(GDP)は季節調整済み年換算で前期比3.5%増と、改定値の3.2%増から上方修正されたほか、市場予想も上回った。11月の米耐久財受注も前月比では減少したものの、市場予想よりも良好。設備投資の先行指標である航空機を除く非国防資本財受注も増加したことから、米景気の先行きに期待感が広がり、原油が買われた。また、外国為替市場では対ユーロで一時ドル売りが活発化。ドル建てで取引される原油などの商品に割安感が生じ、原油買いに一段と拍車が掛かった。さらに、前日の下落の反 動から安値拾いの買いも入ったもようだ。

NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

ドル/円 NY終値 117.51/117.57 <JPY22H=>

始値 117.65 <JPY=>

高値 117.87

安値 117.28

ユーロ/ドル NY終値 1.0435/1.0439 <EUR22H=>

始値 1.0448 <EUR=>

高値 1.0499

安値 1.043

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 95*04.00 3.1271% <US30YT=RR>

前営業日終値 95*06.50 3.1230%

10年債(指標銘柄) 17時05分 95*06.00 2.5533% <US10YT=RR>

前営業日終値 95*08.50 2.5440%

5年債(指標銘柄) 17時05分 98*21.00 2.0374% <US5YT=RR>

前営業日終値 98*22.50 2.0270%

2年債(指標銘柄) 17時04分 99*20.00 1.1964% <US2YT=RR>

前営業日終値 99*19.50 1.2040%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 19918.88 -23.08 -0.12 <.DJI>

前営業日終値 19941.96

ナスダック総合 5447.42 -24.01 -0.44 <.IXIC>

前営業日終値 5471.43

S&P総合500種 2260.96 -4.22 -0.19 <.SPX>

前営業日終値 2265.18

COMEX金 2月限 1130.7 ‐2.5 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1133.2

COMEX銀 3月限 1587.1 ‐10.8 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 1597.9

北海ブレント 2月限 55.05 +0.59 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 54.46

米WTI先物 2月限 52.95 +0.46 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 52.49

CRB商品指数 190.3091 ‐0.4716 <.TRJCRB>

前営業日終値 190.7807

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧