ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

クレディ・スイスとドイツ銀が巨額支払い、MBS不正販売で

2016年12月24日

[チューリヒ/フランクフルト 23日 ロイター] - クレディ・スイス<CSGN.S>とドイツ銀行<DBKGn.DE>が、米国でのモーゲージ担保証券の不正販売問題を巡り、民事制裁金など総額120億ユーロを超える支払いを受け入れた。

両行はライバルである米国の大手行に対して不利な立場に置かれることになる。米国の大手行の多くは不正販売問題に伴う当局への支払いを消化済みで資本的に余裕があるからだ。欧州を代表する投資銀行である両行は、ともに収益の弱さに苦しんでおり、巨額の支払いは状況をさらに悪化させることになりかねない。

サブプライムローン債権を組み込んだ金融商品が危険性の説明なしに販売されたことは、大恐慌以来となる経済危機を招いた。クレディ・スイスとドイツ銀行に対する制裁は、こうした不正販売について責任追及を推し進めるというオバマ米大統領の方針に基づく。

ヘッジファンドのアルジェブリ・インベストメンツでグローバルマクロ戦略のトップを勤めるアルベルト・ガロ氏は「(両行に対する)制裁金(の額)は妥当で、金融システム全体にとっても良い影響を及ぼすと考えている」と話す。

米司法省との和解でクレディ・スイスは52億ドルを超える支払いに同意。まず24億8000万ドルを払い、その後に消費者救済のために5年間で28億ドルを拠出する。巨額の支払いによりクレディ・スイスは2年連続の純損失になるとみられる。

ロイター通信は19日、米司法省がクレディ・スイスに対して50億ドルから70億ドルの支払いを求めていると報じていた。これについて、クレディ・スイスの複数の関係者は和解条件を良くする努力をしていると語っていた。和解を受けてクレディ・スイスの株価は下落した。

クレディ・スイスにはニューヨーク州とニュージャージー州の司法当局による訴訟提起も待ち受けている。両州の司法長官の広報担当者はロイター通信の取材にそれぞれメールで回答し、両州がクレディ・スイスに対する追及を断念していないことを明らかにした。

ドイツ銀行は72億ドルの支払いで和解した。ほぼ倍の額を求められていたが、そこからは大きく減額された。投資家は安堵し、ドイツ銀行の株価は上昇した。

ドイツ銀行の株主のひとりで、ユニオン・インベストメントのインゴ・スピーシ氏は「素晴らしいと言えるようなものではないが、和解は不透明感を低減させた」と語り、ドイツ銀行が資本増強のための増資を迫られる事態は想定していないとした。

不正販売問題を巡ってはこのほか、米司法省が22日に英銀行大手バークレイズを提訴している。バークレイズは23日、提訴の内容が事実と異なるとして「強く反論する」とのコメントを発表。疑いが「速やかに解ける」ように努力するとしている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧