ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル小動き、欧州銀行不安後退がユーロ下支え=NY市場

2016年12月24日

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、クリスマス休暇を控えて薄商いとなる中、ドルは主要通貨バスケットに対し狭いレンジでの取引となり、今週つけた14年ぶり高水準を約0.5%下回る水準で推移した。

ただ新年になり、市場関係者が戻ってくれば、ドル高基調が再開すると見込まれている。

朝方発表された米新築住宅販売統計や米ミシガン大消費者信頼感指数は、米経済が着実に拡大していることを裏付ける内容となったが、市場への影響は限定的だった。

エバコアISIのストラテジスト、スタン・シプリー氏は「年末まで誰も一段のリスクを取りたくない。これまでの利益を無駄にしたくないはずだ」と述べる。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は小幅安の103.04。20日には14年ぶりの水準となる103.65まで上昇していた。

ユーロ/ドル<EUR=>は0.1%高の1.0446ドル。伊銀大手モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテパスキ)<BMPS.MI>の救済が決まったほか、ドイツ銀行<DBNKGn.DE>とクレディ・スイス<CSGN.S>はモーゲージ担保証券(MBS)の不正販売問題をめぐり、米司法省と和解することで合意した。欧州の銀行問題が相次いで決着したことで同セクターへの懸念が和らいだ。

円は対ドル<JPY=>で0.2%高の117.26円。円はユーロ<EURJPY=>に対しては0.1%高の122.45円となった。

ウェルズ・ファーゴ・インベストメント・インスティチュートのグローバル市場ストラテジスト責任者、ポール・クリストファー氏は「円は足元の下落でやや値固めの様相となった」と話した。

ドル/円 NY終値 117.31/117.39

始値 117.35

高値 117.41

安値 117.18

ユーロ/ドル NY終値 1.0454/1.0459

始値 1.0451

高値 1.0467

安値 1.0427

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧