ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

写真が語る2016年:ISから解放されてベールを脱ぐシリア女性

2016年12月25日

[6日 ロイター] - シリア北部アレッポ県で6月、米国が支援するシリア民主軍(SDF)が、過激派組織「イスラム国(IS)」から、マンビジ郊外の村を奪還した。解放された女性は黒いベールを脱ぎ捨て、笑顔を見せた。

2016年を象徴する一連の写真について、ロイター・カメラマンが撮影当時の様子を語る。

撮影したカメラマン:Rodi Said

シリア民主軍がISから村を奪還すると、19歳のソウアド・ハミディさんは、2014年から着用を強制されていた、顔を覆うニカブを脱ぎ捨て笑顔を見せた。

 「解放された気分」。黒色のベールから赤色のヘッドスカーフに着替え、ハミディさんはこう述べた。「意思に反して着用させられていた。だから、わざとこんなふうに取ってやったの」

SDFが奪還した村を訪れた私は、ちょうど自宅に戻ってきたハミディさんと出会った。

Am Adasa村は2014年以降、ISの支配下にあった。服装規定など、生活は厳しく規制されていた、とハミディさんは語る。

 「彼らのルールに従わない人は罰せられた。墓穴に何日も閉じ込められる人もいた」とハミディさんは言う。

 「(SDFが)村を奪還してから、私たちの生活は一変した」

実家で話をしてくれたハミディさんは、いまだにISがいつか戻って来るのではと気が気でないという。

 「記憶からダーイシュ(ISのアラビア語名)を消し去ってしまいたい」とハミディさんは語る。「ダーイシュが支配するすべての地域が解放されることを願っている。人々が自由を取り戻し、現在の私たちのように生活できるようになることを」

この写真は、ハミディさんの強さ、そして強制されていた暗闇から取り戻した自由を表現していると私は思う。宗教的迫害の恐怖を乗り越えた瞬間なのだ。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧