ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

写真が語る2016年:石につながれたインドの幼児

2016年12月26日

[7日 ロイター] - インド西部グジャラート州最大都市アフマダーバードの建設現場で4月、石にひもでつながれた子どもと出会った。母親によれば、子どもの安全のためにはそうするしか他に選択肢がないのだという。

2016年を象徴する一連の写真について、ロイター・カメラマンが撮影当時の様子を語る。

撮影したカメラマン:Amit Dave

インド西部アフマダーバードで日常生活の風景を撮影中、労働者たちが重そうに電気ケーブルを引っ張っているのが目にとまった。面白い写真が撮れるかもしれないと私は思った。光の具合が良くなかったので、しばらく待っていた。

労働者の子どもたちが道端で走り回って遊んでいたが、たった独りで座っている子どもがいた。その理由が知りたくて、私はそちらに歩いていった。

当時生後15カ月のシバニちゃんは、足首をビニールひもで縛られ、建設現場の石につながれていた。彼女の母親がそうしたのだ。

裸足で埃まみれのシバニちゃんは、気温40度を超える暑さのなか、1日に9時間も「注意」と書かれたひもにつながれたままでいる。

母親のサルタ・カララさんは、シバニちゃんが泣いても、石につなぐしか他に選択肢はないと話す。カララさんと夫はシフトごとに250ルピー(約430円)稼ぐために、同市の電気ケーブル工事で穴を掘る仕事をしている。

 「道路に出ていかないようにつないでいる。下の息子はまだ3歳半なので、妹のお守りはできない」と、23歳のカララさんは言う。「この一帯は出入りが激しい。他に方法がない。彼女の安全のためにしている」

子どもたちは通常7─8歳まで親と暮らすが、その後は祖父母のもとに送られるという。

ひもが足からぶら下がっているシバニちゃんを抱きかかえるカララさんは、マネジャーたちが見て見ぬふりをしたと話す。

 「彼らは私たちや子どもたちのことなど気にしない。気になるのは自分たちの仕事のことだけだ」

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧