ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国空母の西太平洋進出、動向を引き続き注視=菅官房長官

2016年12月26日

[東京 26日 ロイター] - 菅義偉官房長官は26日午前の会見で、中国の空母を含む艦艇が25日に西太平洋に進出したことに関連して、中国艦艇の日本周辺海域での動向を引き続き注視し、警戒監視に万全を期していく考えを示した。

菅官房長官によると25日午前10時ごろ、海上自衛隊の護衛艦および航空機が宮古島の北東約110キロの海域を東シナ海から太平洋に向けて進む中国海軍の空母はじめ6隻の中国艦艇を確認した。中国の空母が太平洋に進出するのを確認したのは初めて。官房長官は「中国の海上戦力の能力拡大を示すものであり、注目している」と述べた。

*写真を追加して再送します。

(石田仁志)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧