ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

正午のドルは117円付近、調整売り圧力に押される

2016年12月26日

[東京 26日 ロイター] - 正午のドルは、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル安/円高の117.05/07円。

主要な海外市場がクリスマス休暇で休場となるなか、東京市場の午前の取引で、ドルは調整売りに押され上値の重い展開となった。

新たな材料に乏しい中、米中関係の悪化を想起させる中国の空母の宮古海峡通過のニュースは、若干、リスク回避の地合いにつながったという。

菅義偉官房長官によると、25日午前10時ごろ、海上自衛隊の護衛艦および航空機が宮古島の北東約110キロの海域を東シナ海から太平洋に向けて進む中国海軍の空母はじめ6隻の中国艦艇を確認した。中国の空母が太平洋に進出するのを確認したのは初めて。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧