ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日経平均は3日続落、見送りムード優勢 日中値幅は今年最小

2016年12月26日

[東京 26日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日続落となった。外為市場でドル高/円安が一服したことなどを背景に売りが先行。日銀によるETF(上場投信)買いの思惑などで後場にプラスに転じる場面があったが、今晩の欧米市場が休場となるため見送りムードが優勢だった。日経平均は狭いレンジでもみ合いを続け、日中値幅(高値と安値の差)は46円54銭と、今年最小となった。

東証1部売買代金の2兆円割れは、米大統領選前の11月8日以来。TOPIXも3日続落。下落率は0.37%と日経平均(0.16%)を上回った。NT倍率<.NTIDX>は一時12.62ポイントまで上昇。取引時間中では11月15日以来、1カ月ぶりの高水準を付けた。

受け渡しベースの年内最終売買日を明日に控え、節税対策の損切り売りなども出た。主力株ではメガバンクが軟調。トヨタ<7203.T>が1%を超す下げとなった。

業種別ではその他製品が上昇率トップ。スマートフォン向けゲームを2017年度以降も年間3本程度投入する方針と報じられたことで、任天堂<7974.T>が買われたことが寄与した。任天堂はこの日の東証1部銘柄の売買代金でトップとなった。

一方、下落率上位には輸送用機器、石油関連がランクイン。全体相場については「年末高の期待はあるものの、欧米市場が休場となるため市場参加者が少なく、方向感が出なかった」(東洋証券ストラテジストの檜和田浩昭氏)との声があった。

個別銘柄ではこのほかニトリホールディングス<9843.T>が続伸。22日に発表した16年3―11月期の連結営業利益は、前年同期比28.3%増の702億円となった。都心部への新規出店増による顧客層の拡大も寄与。堅調な業況を評価した買いが入った。

半面、ライトオン<7445.T>が軟調。22日に発表した12月既存店売上高が前年同期比13.8%減となったことが嫌気された。ニットなど冬物の売上が全般的に苦戦した。またスカラ<4845.T>がストップ安。同社との業務提携に向けた協議を打ち切ったとソフトブレーン<4779.T>が26日に発表したことが売り材料となった。

東証1部騰落数は、値上がり848銘柄に対し、値下がりが1040銘柄、変わらずが117銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      19396.64 -31.03

寄り付き    19394.41

安値/高値   19385.94─19432.48

TOPIX<.TOPX>

終値       1538.14 -5.68

寄り付き     1540.98

安値/高値    1537.76─1541.96

東証出来高(万株) 144186

東証売買代金(億円) 16302.81

(長田善行)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧