ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

タイ、400人の遺体が身元不明 スマトラ島沖地震の津波から12年

2016年12月26日

[バンコク 26日 ロイター] - 2004年12月26日にスマトラ島沖のインド洋で発生したマグニチュード9.15の地震による津波で死者・行方不明者となった22万6000人のうち、タイで少なくとも400人の遺体の身元が確認されていないことがわかった。タイの警察当局が26日、明らかにした。

津波の被害は、タイやインドネシア、インド、スリランカで最も大きく、タイでは5395人が死亡、うち約2000人が外国人観光客だった。

 「2004年の津波以降、当局は4000─5000人の近親者と接触したが、約400人の遺体の身元が特定されていない」と、南部パンガー県タクワパー郡の警察当局者はロイターに語った。

タイは観光シーズン真っ最中で、津波に見舞われたホテルも再建されるなど、観光業は回復。今年は過去最大の3240万人の外国人観光客の訪問を見込んでいる。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧