ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ジャカルタ知事の公判、インドネシア裁判所が審理継続へ

2016年12月27日

[ジャカルタ 27日 ロイター] - インドネシアの裁判所は、イスラム教の聖典コーランを侮辱したとして宗教冒涜罪で起訴されたバスキ・ジャカルタ特別州知事の公判で、審理を継続する方針を示した。裁判官が27日、明らかにした。

バスキ知事の弁護団は、同知事に対する人権侵害や手続き上の違反を理由に裁判の打ち切りを求めていたが、裁判所側は主張を退けた。全ての証拠を審査した後、判断を下すとしている。

バスキ知事は12月13日の初公判で、コーランを侮辱する意図はなかったと起訴事実を否認した。

当局によると、次回の審理は来年1月3日に行われる予定。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧