ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

インド東部で鳥インフルエンザ、2500羽以上を殺処分に

2016年12月27日

[ブバネシュワル(インド) 27日 ロイター] - インド東部オディシャ州は、4羽の死んだカラスと3羽の死んだ家禽(かきん)からH5N1型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、鶏など2500羽以上の殺処分を命じた。当局が27日、明らかにした。

鳥インフルエンザウイルスへの感染が確認されたのは、同州の州都ブバネシュワルから約35キロの村。この地域では2012年にも感染が拡大し、3万羽以上の鳥が殺処分されている。

同州の漁業・動物資源開発局の担当者はロイターに対し、鳥インフルエンザウイルスを封じ込め、感染拡大を防止するために「感染地から半径1キロ以内で飼育されている2500羽以上が殺処分される」と語った。

H5N1型は、豚や馬、大型の猫、犬などの動物に加え人にも感染する。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧