ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国版ベージュブック、第4四半期は好調 17年見通し不透明に

2016年12月28日

[北京 28日 ロイター] - チャイナ・ベージュブック(CBB)インターナショナルの調査によると、第4・四半期の中国企業は雇用や利益が増え、好調な業績となったが、弱いキャッシュフローや今年後半に記録的なペースで積み上がった在庫を背景に、2017年の見通しは不透明だという。

3300を超える企業を対象にした四半期調査によると、第4・四半期の売り上げと利益が最も強かったのは小売業。ただ設備投資は弱く、見通しは慎重とみられる。

製造業は第3・四半期から改善。自動車を筆頭に54%で売り上げが増加した。不動産と生活必需品も引き続き堅調だった。

ただ、売り上げと利益が好調にもかかわらず、キャッシュフローは再び悪化し、受け取りと支払いがほぼ全セクターで悪化した。

調査担当者は「好調な利益と弱いキャッシュフローは短期的にしか共存できない。来年はどちらかが後退するだろう」と述べた。

調査によると、43%の企業が第4・四半期も採用を増やし、1年前の30%から増加した。

CBBは、中国指導部の主たる懸念は経済成長率よりも失業率で、労働市場の安定は景気刺激策の縮小を意味する可能性があるとみている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧