ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国エネルギー消費、17年は約44億トンに抑制へ=能源局

2016年12月28日

[北京/上海 28日 ロイター] - 中国は2017年の一次エネルギー消費量を約44億トン(標準石炭換算)に抑えることを目指す。国家能源局(NEA)のベクリ局長が28日の会議で述べた。

今年は前年比1.4%増の43億6000万トンとなる見込みで、NEAの予想(0.9%増)を上回った。

局長によると、中国は来年、エネルギー消費量全体に占める天然ガスの比率を2015年時点の5.9%から6.8%に引き上げることを目指す。一方、石炭の比率は15年の64%から来年には60%程度に引き下げる考えだ。

非化石燃料の割合は今年の13.3%(見込み)から14.3%への引き上げを目指す。

ベクリ局長は「石炭火力発電所の過剰能力に多くの注意を注ぐ必要がある」と述べ、NEAは石炭火力発電所の改修や天然ガス発電所の建設を優先する方針だとした。

また、来年も引き続き違法な石炭鉱山を取り締まり、石炭生産量を厳しく統制する考えを示した。

*内容を更新します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧