ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

写真が語る2016年:フィリピン麻薬戦争、夫を抱きかかえる女性

2016年12月28日

[7日 ロイター] - フィリピン首都マニラで7月、麻薬密売人の容疑をかけられて殺害された夫を抱きかかえる妻の画像がインターネット上を駆けめぐった。ドゥテルテ比大統領の「麻薬戦争」の暗部を物語る1枚となった。

2016年を象徴する一連の写真について、ロイター・カメラマンが撮影当時の様子を語る。

撮影したカメラマン:Czar Dancel

フィリピンで、殺された夫の遺体を抱きかかえ、嘆き悲しむジェネリン・オライレスさんの画像がインターネット上で広がると、ドゥテルテ大統領はそれを「メロドラマ」と呼んだ。

強硬な物言いで知られた前ダバオ市長のドゥテルテ大統領は7月、就任後初の施政方針演説のなかで、彼女の画像について言及し、メディアがそれを、聖母マリアが十字架から降ろされたキリストを抱きかかえるミケランジェロのピエタ像のように扱おうとしたと語った。

マニラではある晩、6人が暗殺された。そのなかには、オライレスさんの夫であるマイケル・シアロンさん(当時29)も含まれていた。シアロンさんは、オートバイに乗った見知らぬ者たちから撃たれ死亡した。

過去数カ月、私は麻薬密売人の容疑をかけられた人々が殺害される事件を取材してきた。その晩は、各報道機関の記者とカメラマンが一丸となって取材にあたっていた。

その晩に取材したいくつかの殺人事件の最後がシアロンさんだった。殺人現場というのは常に衝撃的である。数枚シャッターを切った後、オライレスさんがシアロンさんの遺体を抱きかかえているのに気が付いた。

夫を抱きかかえるオライレスさんを、警察の非常線越しにカメラマンが取り囲んだ。夫の遺体のそばには、「麻薬密売人」と書かれた段ボールの一片が残されていた。

 「友人が、マイケルが撃たれたと叫んだ。私は走って外に出た」と、オライレスさんはそこかしこにスラム街や不法占拠者、泥棒が存在するマニラ南部パサイの荒廃した地区でこう語った。

オライレスさんは夫がドラッグを使用していたことは認めるが、売人では絶対にあり得ないと語る。なぜなら、あまりに貧しく、次の食事を賄うことさえほとんどできなかったからだ。

 「彼らはこれ以上生きる価値のない人たち、社会にとって脅威となる人たちを殺さなくてはならない。他の人たちに害を与えるから。でも、無実の人たちを殺してはいけない」と、オライレスさんは言う。

 「社会の同情はいらない。大統領に知ってもらう必要もない。夫はこうした人たちが好きではなかった。でも私はただ、彼らに本当の犯罪者を捕まえてほしいだけ」

ドゥテルテ大統領にメッセージがあるかと聞かれると、オライレスさんはこう答えた。「人ではなく、ドラッグを撲滅して」

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧