ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

タカタ、1月にも米司法省と和解する可能性=関係筋

2016年12月29日

[28日 ロイター] - タカタ<7312.T>がエアバッグの欠陥問題をめぐる刑事捜査について、1月のオバマ米大統領の任期終了前に米司法省と和解する可能性がある。関係筋が28日、ロイターに明らかにした。

タカタが刑事責任を認めることが和解に含まれるもようという。司法省はタカタが欠陥エアバッグの危険性に関する情報を当局に報告せず、誤解を招く発表を行ったか調査している。

関係筋によると、タカタが合意を順守しているか監視する内容が和解に盛り込まれる公算が大きい。

これに先立ち米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、タカタが最大10億ドルを支払って1月にも司法省と和解する可能性があると報じていた。

これについて同筋は和解金の額が10億ドルをはるかに下回り、数年をかけて支払われることもあり得るとの認識を示した。

ただ、オバマ大統領の任期が終了する1月20日までに和解が成立するとは限らないという。

タカタと司法省はコメントを控えた。

タカタの欠陥エアバッグはインフレーターが破裂し内部の金属片が飛散する可能性があり、関連事故で少なくとも米国で11人、世界全体で16人の死者が出ている。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧