ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

デパ地下や専門店に勝るとも劣らない!?
「スイーツ」を手軽なご褒美にしたコンビニの功績

小川 たまか
【第17回】 2011年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 コンビニ大手各社が女性向けスイーツに力を入れ始めたのは一昨年末頃から。なかでもローソンの「プレミアムロールケーキ」がヒットし、各社がその後を追っている。そんななか、クロス・マーケティング(東京都中央区)は、「『コンビニスイーツ』に関する調査」を実施。この結果からは、コンビニスイーツのイメージが以前と変わりつつあることがわかった。

 アンケートは1月12日~14日までインターネットリサーチで実施。調査対象は、首都圏と関西圏の有職者で、直近3ヵ月以内にコンビニエンスストアとスイーツ専門店(店頭/通信販売)、デパ地下のいずれかの店舗で冷蔵スイーツを購入し、自分で食べた人。有効回答数は2024サンプル。

気軽に買える「自分へのご褒美」に!
女性客を虜にしたコンビニスイーツの実力

 アンケートでは、「コンビニエンスストア」「スイーツ専門店(店頭)」「スイーツ専門店(通信販売)」「デパ地下」「スーパーマーケット」それぞれで、購入したときの状況を調査。

 コンビニエンスストアは、「新商品を見つけ、食べてみたいとき」「疲れがたまっているとき」「自分にご褒美をあげたいとき」の3つの項目で、スイーツ専門店やデパ地下などを押しのけてトップに立った。

 身近で立ち寄りやすいコンビニだけに新商品を見つけやすく、疲れがたまっているときでもすぐに手に入れることができる。また、「自分にご褒美をあげたいとき」を選んだ人が多いのは、コンビニ各社がスイーツに「自分へのご褒美」というコンセプトを打ち出したことと無関係ではないだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ザ・世論~日本人の気持ち~

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。

「ザ・世論~日本人の気持ち~」

⇒バックナンバー一覧