ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

台湾総統、米国経由で中米訪問へ 中国は反発

2016年12月29日

[台北 29日 ロイター] - 台湾外交部(外務省)は29日、来月予定されている蔡英文総統の中米訪問について、米国を経由すると発表した。立ち寄りの予定の詳細は今週中に明らかにされる。

中国政府は、蔡総統の意図は明白として立ち寄りを認めないよう米国に求めた。外務省の華春瑩報道官は会見で「米国が『一つの中国』方針に従い台湾独立派に誤ったシグナルを送らないよう望む」と述べた。

台湾総統府は今月、蔡総統がホンジュラス、ニカラグア、グアテマラ、エルサルバドルを訪問すると発表。1月7日に台湾を出発し15日に戻る予定。

台湾のメディアは、1月20日のトランプ氏の米大統領就任を前に、蔡総統が同氏と面会しようとするとの見方を伝えている。

トランプ氏は今月、蔡総統と電話会談を実施した。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧