ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

台湾事務弁公室の元幹部に収賄の疑い=中国検察当局

2016年12月30日

[北京 30日 ロイター] - 中国の検察当局は30日、中国の台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の副主任だったキョウ清概氏が、賄賂を受け取り職権を乱用した疑いがあると発表した。

同氏は1月から共産党の調査を受けていた。

検察当局は声明で、同氏が福建省で当局に勤務していた際に「他人の利益のため」に職権を乱用し、大量の資金を不正に受け取った疑いがあると説明した。

同氏は2013年に台湾事務弁公室に加わったとされている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧