ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル116円半ば、2016年は年間で3%下落

2016年12月30日

[東京 30日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の116円半ば。昨年12月31日終値120.30円に比べて、3%下落した水準となっている。午前は116円ちょうど付近まで下押しされたが、午後は日経平均のプラス転換などが支援し、一時116.80円台まで上昇した。

朝方117.50─60円台で推移していたドルは、午前9時前に116.05円まで下落し、12月14日以来2週間超ぶりの安値をつけた。ユーロ/ドルでのユーロ買い/ドル売りが、ドル/円にも波及したとみられる。

参加者の見方は「ドル買いで変わっていない」(大手邦銀)といい、下がったところでは押し目買いも入るという。ドル/円は同水準で下げ止まると、正午過ぎから上昇の勢いを強め、午後3時にかけて116.88円台まで強含んだ。市場が薄い中、需給を中心としたフローが流入したほか、日経平均のプラス転換が支援材料となった。

テクニカル的には、20日移動平均線(116.33円付近)より上を維持できるかが注目されている。仮に、同水準を下抜けて終わった場合、心理的節目で日足一目均衡表の基準線がある115円ちょうどが視野に入るという。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 116.68/70 1.0535/39 122.93/97

午前9時現在 116.31/33 1.0564/68 122.88/92

NY午後5時 116.53/56 1.0490/93 122.18/22

(為替マーケットチーム)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧