ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国経済は回復、利上げ検討も可能に=人民銀行アドバイザー

2016年12月30日

[北京 30日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)のアドバイザーを務める盛松成氏は、中国経済の回復に伴い、同国の金利はすでに上昇トレンドに入っている、との認識を示した。

29日に行われたロイターとのインタビューで語った。

同氏は「経済は回復しており、金利と物価は上昇に向かうだろう」と指摘。「状況次第では、利上げを検討することも可能だ」と述べた。

同氏は人民元<CNY=CFXS>の下落を巡っては、中国は人民元支援のために外貨準備の一部を活用すべきだが、年5万ドルとしている個人向けの外貨購入枠を引き下げるべきではないと主張。「この2年間、人民元の下落圧力は強かったが、(中国は)外貨に関するルールを変えなかった。今、規則を変えれば、市場でパニックが起こるだろう」と述べた。

 「相場を安定させるには(規則を)変えないことが肝要」とした。

その上で同氏は、中国当局が人民元を極端に下落させることはないと強調し、来年下半期には上昇する可能性が大きいとの見方を示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧