ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

イタリアへの移民が今年過去最高に、3年で50万人超が流入

2016年12月31日

[ローマ 30日 ロイター] - イタリア内務省は30日、今年海を渡ってイタリアに到着した移民が昨年より2割増えて、過去最高となったことを明らかにした。過去3年間では計50万人超が流入したという。

内務省の報道官は、移民数の急増による危機に対処する上で、欧州連合(EU)加盟国の協力が欠けていると、あらためて指摘した。

内務省で移民システムを担当する責任者のマリオ・モルコーネ氏はロイター通信の取材に対し「あらゆる警戒がされていたにもかかわらず、今年は移民の流入数が記録的な多さだった。イタリアは大いなる尊厳とともに、それに持ちこたえた」と述べ、「それは欧州としての結束が十分にない中での対応だった」とした。

欧州連合(EU)加盟国は、2015年に4万人の亡命希望者をイタリアから受け入れると約束したが、今のところイタリア以外の国に移住したのは2654人にとどまっている。いくつかの国は受け入れを一切認めなかった。

ギリシャを目指して海を渡る移民を抑制するための合意がEUとトルコの間で締結されて以降、リビアを主な拠点に男や女、子供を危険な船に押し込める密航斡旋業者は、イタリアに目を向けるようになった。

イタリア内務省によると、船でイタリアに到着した移民は今年18万1000人を超え、昨年に比べて18%近く増えたと述べた。16年の人数には12月30日と31日に到着する人数は含まれていない。

14年の初め以降、北アフリカ地域から50万人を超える移民が海を渡ってイタリアに到着した。多くは戦争、貧困や政治的弾圧を逃れてきており、来年もその勢いが収まる兆しはない。

航海条件が悪い中、今月は8000人近くの移民が到着した。今年の10月には単月で最高記録となる約2万7400人が到着した。全体の2割超はナイジェリアからで、続いてエリトリア、ギニア、コートジボワール、ガンビアからの移民が多かった。

13年の8倍以上の人数に当たる約17万5000人の亡命希望者が現在、イタリアの避難所で生活している。政府は20万人を収容可能だとしているが、来年には新たな避難所を設置するかどうかを決断しなければならない。

国際的な庇護を拒否された亡命希望者は通常、欧州で最も判決に時間がかかるとされるイタリアの司法制度に基づいて訴えを起こすことになる。何年もかかる可能性がある最終判決を待つ間は、政府が財政的に支える避難所に留まることが可能だ。

今年は地中海で命を落とす移民の数が最も多く、国際移住機関(IOM)によるとその数は5000人近くに上るという。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧