ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

写真が語る2016年:トランプ氏に熱狂する女性支持者

2016年12月31日

[7日 ロイター] - 米マサチューセッツ州ローウェルで1月開催された選挙集会において、大統領選に出馬したドナルド・トランプ氏の熱烈な女性支持者が、同氏との直接対面で見せた「表情」をカメラが捉えた。

2016年を象徴する一連の写真について、ロイター・カメラマンが撮影当時の様子を語る。

撮影したカメラマン:Brian Snyder

一部の人の目には、この女性はまるで有名なロックスターに会ったかのように見えるかもしれない。また他の人にとっては、彼女がかなり怖がっているように映るかもしれない。

実際には、ロビン・ロイさんはドナルド・トランプ次期米大統領の熱烈な支持者だ。

ロイさんは、「オバマよ、おまえはクビだ。2016年の大統領選はトランプに投票しよう」と書かれたTシャツを着て、集会で直接トランプ氏に会う機会をうかがっていた。

そこへニューヨーク市の不動産王でリアリティー番組スターのトランプ氏が現れ、彼女と握手し話しかけてきた。

そのときの彼女の気持ちは、「興奮した」ではとても言い表せないだろう。

ホワイトハウスを目指す候補者は誰もが、こうした集会の最後に、支持者に対する「ロープ越し」のあいさつを欠かさない。有権者にとっては、候補者と握手したり一緒に記念写真を撮ったりする絶好の機会となる。

この写真に写っている他の人々もトランプ氏の支持者だ。ロイさんの左側にいるのは彼女の娘である。

トランプ氏の集会では、カメラマンは同氏の選挙陣営によってかなりの制限を受ける。ほとんどの写真は会場の後ろから、400ミリの望遠レンズを使って、メーンステージ演壇上の同氏を撮影したものだ。

演説が終わると、カメラマンの一行は、ロープラインに沿って歩くトランプ氏を撮影するため、ステージへと移動させられる。この写真は50ミリレンズを使用して、ステージ上から同氏の肩越しに撮影したものだ。

同じ日は二度とないという点が、この仕事の醍醐味(だいごみ)の1つだと言える。

ロイさんは選挙期間中、揺らぐことなくトランプ氏を支持し続けた。「トランプ氏は自分たちの1人だということに私たちは気づいた。彼もそのことを隠そうとはしなかった」とロイさんは言う。「彼は完璧かって。いいえ。でも心から国民のことを思っているように見える。私たちを見下したり、自分を良く見せようとしたりはしない」

トランプ氏と会ってから1年近くが経過し、トランプ大統領の始動を待ち望むロイさんは、同氏に「公約のほとんどを実行し、政治的ナンセンスを終わらせるために、この国を団結させてほしい」と語った。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧