ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国統計局PMI、12月は製造業・非製造業とも低下 50台は維持

2017年1月2日

[北京 1日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した12月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.4で、前月の51.7から低下した。ロイター調査による市場予想の51.5も下回った。

50を上回ると景気拡大、下回ると悪化を示す。

中国は不動産市場での投機抑制に乗り出しているが、コメルツ銀行のシニアエコノミスト、周浩氏は「当局は資産バブルを相当懸念しており、今回のPMIは政策基調の修正が影響していることを示している」と述べた。

構成指数の産出指数は53.3、前月は53.9。

新規受注指数は53.2で変わらず。新規輸出受注指数は50.1で前月の50.3から低下。

雇用指数は48.9、前月は49.2。

中小企業、大企業の状況を示す構成指数も低下した。

同時に発表した12月の非製造業PMIは54.5で前月の54.7から低下した。

※英文参照番号[nL4N1ES007](契約の内容によっては英文がご覧いただけない場合もあります)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧